ゆとりデジタル

1988生まれのライフメモ

メイン機のスマホをOCN モバイル ONE 音声対応SIMにしてみたけど満足度高い

結果

特に大きなデメリットなく

月額2500円を維持できるので満足度は高い

 

経緯

もろもろの月額の支出に対しては安く抑えたい派。

特に強く意識しているのが携帯代で、

おもちゃに月々7000~8000円は正直高いと思っている。

 

いままではdocomoau間をMNPで行き来して

一括ゼロ円でサポート有りの端末を探して月額を抑える方向で運用。

ただそれよりも安く出来る「格安SIM」にしてみた。

 

もともと「格安SIM」みたいなフレーズで月額を

おさえられる方法は認識していたが当時はデータ通信専用(のイメージ)だった。

つまり電話ができない。

 

ただ去年発表された以下SIMがかなり自分の要件とマッチしており、

こ、これは変えるしかない。ということで思い切って

メイン機を格安SIMにかえてみた。

 


OCN モバイル ONEに音声通話対応SIMが登場! いまお使いの070/080/090番号そのままで月額1,600円(税込1,728円)から。 | NTTコムストア [個人向け]

 

OCN モバイル ONEにした理由

もちろん格安SIMはここだけではない。

一旦「このコーラとハンバーガーは一番売れているんだから一番うまい」理論で

シェア率で選択。選べばもっと安いところもある。

縛りも6ヶ月のみなので、嫌になったら移動すればおk

 


格安SIMの利用者シェアトップは「OCNモバイルONE」、利用者の満足度評価1位は「IIJmio」 - ケータイ Watch

 

 

変えてみて

galaxy note3(ドコモ機)に刺して使ってるが不満は特になし。

月額も2500円程度で運用出来るようになった。

年単位で6万程度浮くのは地味にありがたい

 

気をつけるポイント

・違約金関連

 このへんはお作法なので詳細は触れないが

 2年縛り途中ならもちろん1万強ふっとぶよ。

 新契約自体は6ヶ月維持すればよい模様。

 

・LINEのID検索ができなくなる

 私はこの機能を使っていないのでどうでもいいけど

 年齢認証ができないため、ID検索が使用できなくなる。

 人によっては気になるポイント(半分回避できる方法もあるっぽい)

 

・届くまでのリスクマネジメント

 タイミング的にメイン機1台しかなかったので

 切り替えタイミングで全く使えない期間が1日あってしんどかった。

 こっちではコントロールできないので、注意。

 届くまでのタイミングと使えなかった期間は以下の通り③④の間

 

  ①1/13 10:00 申し込み

  ②1/16 10:30 SMSで今から切換するよーの連絡

  ③1/16 15:00 使えなくなった

  ④1/17 16:00 SIMカード到着

 

思ったこと

au docomo softbankといったキャリアを

使い続ける意味合いがなくなってきてるので

今後は格安SIMのシェア増えまくると思う。

 

 

2015/01/21追記

SIMカードが届いて、その1週間後ぐらいに「OCN会員登録証」が届く

そんなんどこにも記載されてないので注意。